タイシンは筑波大学、日本体育大学、大阪体育大学、順天堂大学や体育・スポーツ系の学部・学科を受験する受験生の為の専門予備校です。

国立 私立 体育・スポーツ系予備校として31年の伝統 体育進学センター

タイシンブログ

【代々木校】安部先生より

カテゴリ:タイシン代々木校
授業前にも、自習に励む生徒が多くなってきました。
これまで以上に受験生としての意識が高まっていることが窺えます。
 

 
現役科の冬期特訓が今週よりスタートです。
 
まずは、12/21(木)~23(土)に行われる直前模試で結果を残すことを目標に取り組みましょう!
直前模試は日体大、順大、東海大、国士舘大を対象とし、入試傾向に即したオリジナルの問題や実技試験も受けられます。
タイシン生だけでなく、どなたでも受験することができる模試となっています。
この4大学を受験の方はこの機会を逃すことなく、現時点の実力を試しましょう。
 
さっきまで制服を着て自習に励んでいたはずの生徒も、いつのまにかジャージ姿で競技場に!
メリハリを持って実技と勉強に励めるのがタイシン生!
 

 
まだ12月ですが真冬の寒気が流れ込んでいるそうで、今週は寒さが続くそうです。
受験を迎えるにあたり、インフルエンザの予防接種をしたり、生活リズムを整えたり、今からすべきことは勉強だけではありませんね。
屋外での夜間の実技授業は、思った以上に身体が温まらないことでしょう。
防寒対策は余念のないように!
そして、入試本番は朝が早い場合もあるでしょうし、今より寒いことが予想されます。
実技試験に向けて、どのように身体づくりをすればベストパフォーマンスが出せるのか、これからの練習では記録を伸ばすだけでなく、より入試当日を意識していくことが大切になります。
 
学科の授業は、志望大学や習熟度に即したクラスで猛特訓!
例年、部活動一色で高校生活を過ごしてきた生徒が、この冬期から驚異の集中力で成績を伸ばしています。
入試まで限られた日数で成績を伸ばすためには、体育大受験の専門予備校として豊富な指導経験と知識のある先生方から学ぶことが効果的であるのは言うまでもありません!

ほとんどの生徒が一般入試に注力しているところですが、一般と並行して推薦対策も実施している生徒もおります。
日体大の推薦入試Ⅱ期がいよいよ今週末となりました。
体育学科では10人募集に対して志願者77名、スポーツマネジメント学科では5名募集に対して志願者46名と、AOに続き激戦と言えます。
しかしながら、日体大合格を一足先に掴み夢実現の一歩を踏み出すためにラストスパート!
日体大の小論文は、スポーツや教育問題など、知識がなければ書けない題材が過去に出題されていますので、そのための勉強も怠ってはいけません。
小論文や面接の実践練習を重ね、自信を持って本番を迎えられるように過ごしましょう。
 

 
「受験は団体戦、タイシンには友達を作り、皆で切磋琢磨するという素晴らしい環境があります。」
と、今年のAO入試で日体大に合格した生徒が言ってくれました。
辛いはずの受験ではありますが、この良き仲間と共に、第一志望の合格を必ずや掴んでみせましょう!
 

コメントする